Img_173d40e35ed8a9f623732a20f3a782b0
Img_aa2f305e95eeb9668d69405f9477865c
Img_c77d10f106438a0ab42f1b19e3e9d3de
Img_67da5f39032d76a2a801feb21c8a361a
先日22日は都心でも予想外な量の雪が積もりました。
どうなるかと心配しましたがその翌日、予約していた小谷流の里ドギーズアイランドへ。

こういう全面的にワンちゃんOKですよーな施設は、パセリが若い頃に伊豆と八ヶ岳に行った以来。
その時は部屋から食事場所が遠かったり、清潔さ、便利さいろいろ考えリピーターにはならなかった^^;のです。  
今回は比較的使いやすく、なだらかな傾斜のあるランでパセリも楽しそう。
そしてそう遠くないので、お山が雪で行けない時はまた行こうかなと思っています。
Img_d1135322b18a02f9d2d0f494f7b0e1ca
Img_0b05ffd1dccac1a3ef445765ab8447bf
Img_4fc25c9cc29d0c51aaeb1ecc072da5e0
15年前初めてのワンコお迎えだったうちは、パセの犬種はひざ関節の緩い子が多いと聞き、廊下をダッシュして滑るのを心配して廊下だけカーペットを敷いていました。
汚れては変えを繰り返していましたが、もっとしっかりしたクッションフロアをリビングまでひと続きに敷きたいと考えていた事がやっと実現。
2年前に改修工事をしていただいた信頼する会社にお願いでき、床は明るく快適になり、
カビが気になっていた壁紙も一気に貼り直してもらったのです。
何やら大きな機械を運び込んでいて、聞いてみると壁紙の糊付けの機械だそうで。
なんかカッコイイ!、笑。
丁寧なお仕事をありがとうございました。
Img_7098a81c0cd54019ad289c35fa9363da
Img_4ea626ea9c094da39dbafab26ae69258
Img_7af8fdb80f5f5a81ac01f3786c30c49e
久しぶりに目黒の庭園美術館へ。
随所にアールデコ様式の意匠が施されているこの建物は、窓枠ひとつ、ヒーターのカバーひとつ見てもうっとりします。
写真家で現代美術家の杉本博司氏監修の新館ができていますが、小さいですがカフェやミュージアムショップもあり、こちらはまた違う雰囲気で楽しめます。

今の企画展は「装飾は流転するー『今』と向き合う7つの方法」
年齢も国籍もジャンルも違うアーティストが「装飾」の今を表現しています。

初めて東京で暮らしたのが目黒で、二十歳の頃、元競馬場から目黒通りをバスに乗り清正公前(都ホテル前)で降り、魚藍坂下の印刷会社まで通っていて、その時この森はなんだろう?と魅了され、あれから何度行ったかな。
ドキドキしながら入ったのを思い出します。
Img_4a178cb62b57e21aff9dc66b59dec014
Img_ac1e943297fff5087bab6816c10d1717
Img_1877648b06d4901fa445bef7589cb0c6
人の出会いって本当に不思議だと思うこの頃。
これまでのいくつかの職場で気の合う友人ができ、その後も色々なお付き合いをしてもらっています。

先日夢のようなシルクドゥソレイユ キュリオスのチケットが2枚舞い降りて来て、26年の会社勤めを終えたお疲れさまの友を誘いました。
その前にグランドニッコーで腹ごしらえ!
OL時間にどっぷり浸って毎日忙しかった彼女は「あ〜これが憧れのホテルのランチバイキングか〜」とか「平日に遊ぶって幸せ〜」^^;、可笑しい会話の連続。
私も楽しくて、野菜豊富でこれならヘルシー!と言い訳をしながら、最後はスィーツで締めてしまった、汗。

15年くらい前には、隣のニッコーホテル(グランドはまだなかった)や各地で、会社の扱っていた機器の優秀販売店様を呼んでのイベントも、この彼女と一緒に頑張ったもので、「今だったらこの辺りを受付にして、たぶんこうやってるねー」なんて導線を確認する癖も体に染みついていたり、笑。
Img_4b45cbe95e02f99f505cd2ea6b368caf
Img_4b1fa42f455e27711ce99c025fb84fac
そして目的のキュリオスは本当に楽しくて、世界中から選ばれた演技者たちのパフォーマンスを見る事ができ感激。
私も少し気分を変えたいタイミングでチケットをいただけたので、Hさんには本当に感謝します。

19世紀からやって来たような機関車や古めかしい飛行機、装置、音楽、ファッション、メイクもすべて楽しめました。
子供の頃のサーカスも、大人になって観たものも、サーカス的なショーと言うのはどこか哀愁が漂い、やってる事はとてもすごいのに、胸がきゅーっとするような不思議な幻想の世界です。
ドキドキするスペクタクルを、一体となって手に汗握り、成功すると大拍手で歓喜する、そしてコケティッシュなピエロ的存在が笑わせ、なんか胸があっちに行ったりこっちに行ったり、笑。
だからこそ終わったあとたくさんの余韻を残すのかも知れません。
Img_bc1abeca1b2f398e8f65c0dc267b4544
今月の田舎は、だんだん変わりゆく父の様子には切ないものがありますが、
こんな風に頻繁に帰省ができて、変化を知れるというのは良いのかも知れません。
母も少しは助かっているみたいだし。
  
家は庄内半島という、ツノみたいに突き出た細い半島の根元の辺りで、いつもと反対側へ行ってみると今まで知らなかった島がありました。
二つの間にポツっと小さな点の島も。
ここだけエメラルドグリーンでとてもいい眺めでした。