Img_0be7c5b8e31ff5f4575be1fb0aafdeb5
Img_c484203a71444c6a5889e44fedf13f7b
Img_2c3df80e52f16f360be642b0447b37b4
Img_18b5e290326ff438a270621fb7773b73
冬、晴れた日の空はきれいです。

写真は時間やトリミングで人が写っていませんが、日々、一年中、絶え間なく大勢の人が集う街。
こんなスポットに囲まれて暮らし始めて17年になろうとしています。
が、パセとの散歩道も、どこを通れば人が少なくてのんびりできるだろう?と、
ある意味不可能なことを常に探しているのです。
2017、年明け早々の6日から展示販売をスタートさせていただいて、もう最後の週が来てしまいました。
連日この美味しいパン屋さんに様々な方が来店し、ギャラリーを見ていて行って下さり本当にありがたく思っています。
今日から最終週の5日間。
「深い森のとどけもの」、改めて雰囲気を味わっていただけたら幸いです。
そしてこの1年の中で最も寒い時期に、何かしら温かみを胸に持って帰っていただけたら、今回展示させていただいた4人はみんな、満足感と美味しいパンでお腹いっぱいです^^。

(最終日11日の展示は19時までです。)
パン・オ・スリール  (Click!) 
Img_3f0dde2b38ebfe1692d04c7e3afe9728
Img_6310dba2e6156b099172ccd302a90eb2
Img_3a012b412548750449bc9a06ef6bd627
Img_566568f08b90fc0d9dfd4c176cec552b
Img_76c30564523e89f0587b11bd034c7cc6
Img_68341e0d7ca16f2eb11b702d470b79c7
Img_c3c997dced30f8c17563a1eacf00b4aa
Img_affc41b392bc814cff0733e0ce9ba360
Img_9f052226cc74b2c7e9b9fcbab25122fa
Img_96dce9e81511559d275a1bbeb80641e4
Img_39130697fd2b917faa397fe0fed5042b
Img_efc051a4d357ec87e95de0020ab570eb
Img_be8497c77f6c188f59049b88f2f9ed37
Img_6652b56ae11af19f3cf39608ac18a85b
Img_fc97e20359863b7c78b978d8764d5d46
Img_83ca20e1bce3afc9bd152c1657d4be02
Img_d7ffd38209e6d895bf93fbf5b9c2f045
昨日最終日となり、名残惜しさも感じながら無事撤収をすませた『深い森のとどけもの』。
ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました。

試行錯誤、もう少しこうかな?ああかな?と修正を加えながらの1ヶ月間。
その内にパン・オ・スリールさんの中にじんわりと馴染み、友達とも「モリ、行く?」なんて合図で行ったりするようになり、密かに楽しい期間でした。

2月に入り、コラボのワークショプも開催でき、布花作家Yukaさんと私にとっても嬉しい経験でした。
ご参加の皆さま夢中で、コサージュ作りと小箱のコラージュという2段構えでクリエイティブな頭をフル回転していただき、みんな素敵なものを持って帰ることができたので本当に良かったです。
Img_97e6c7b588e784e538e34307fc0e9fa5
Img_ccba5e557ca1fd690cc3126c3b9049fe
私は今回の為に作った新作から、この雰囲気に合う手持ちのモノまで飾らせていただきました。
この雰囲気好き!と新旧がお嫁に行くことができ、誰かのお家で眺めてもらえるなんてとても嬉しい事です。
ありがとうございました。

一つの場所をあるイメージに作り上げ、そこに浸ってもらえる。
そういうテーマを楽しんでもらえる展示が好きです。
そういう意味で、とても良い雰囲気の展示だったのではないかな?と、自画自賛でホッとしています。
今回ご一緒してくれた作家仲間さん、パン屋さん、お世話になりありがとうございました。
Img_96c1dd35411f0b0eba213c0c957df2c4
Img_03fddd442a39a48bfc151441e8215846
また来月、恒例のグループ展が銀座ACギャラリーにてあります。
深い森から抜け出し、ようやく感られるようになった春の兆しのように気持ちを向けていきたいと思います。