Img_e31a2d8afa77d70b52d727ddddf588a9
2017年は、年明け早々にグループ展をやります。
お正月明けの一番寒くなる季節、そして一番色の無い季節に、いったい何を?と考えました。
そんな季節だからこそ、植物の温もりを探してみようと思いました。

植物がドライになって、その植物の集まりがアートになったもの。
植物に近い微妙な色合いを出すために、素材を手染めして一つ一つ束ねたアクセサリー。
羊毛を植物から想像する色や形に変えた、フエルト小物とオブジェ。
ドライの木ノ実や、古い紙、ボタンなどで、深い森をイメージして作ったコラージュ。   
4人の作家でこのパン屋さんに、植物の温もりを添えてみたいと思います。

場所はいつもお世話になっているパン・オ・スリールさん。
 (Click!) 
 (Click!) 
会期中に限り、森の酵母(白神こだま酵母)の美味しさを楽しめる
3時からのオヤツメニューも加わります。
1ヶ月余りの展示期間がありますので、是非お立ち寄り下さい。
Img_5cced01879117f521a3260bbd276a140
Img_82c9d46f2b84927b2adc205608ae62ed
フレームを塗ってリメイクしたり、素材を眺めてあれこれと作業を進めています。
Img_543deb3407c55e9cc2b17b8edcee265c
今月はどこへ行くにも、このDMを持って郵便屋さんのように配っていました。^^
初めて使ってみた紙で、どうなるかな〜と思っていたのですが、思いの外ステキに仕上がり、カフェでもよく持って行ってもらえてるようで嬉しい限り。
是非足を運んでくださることを願っています。
    
展示作品の1部をチラ見せ!
Img_468adf96065782f7130b821be3372037
永年お花に携わってきたフローリストの、ドライのアレンジというよりはオブジェ。その趣は素敵です。
日々ひたすらチクチク、羊毛を混ぜたり刺したりしている作家の、お店窓辺に吊るすシンボル的フエルトには、動物たちが潜んでいます。
アースカラーの中に、ほのかに差し色の効いた染花作家のアクセサリーは、優しいのに存在感があります。
素材探しと、心地よい配置を模索し続けている私のコラージュは、何か物語を感じていただければ。
   
みんなラストスパート必死です。少なくとも私は・・・
全体の雰囲気づくりもまた、搬入時のコーディネイトにかかりそうですが、なんとか楽しみながらスタートしたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

渋谷、青山どちらからも近い、森の酵母 パン・オ・スリールにて
1月6日〜2月11日(日曜・月曜は定休日です)

こちらで使っている森の酵母(白神こだま酵母)も「深い森のとどけもの」ですね。
どれも美味しいので食べに来てください。
 (Click!)