Img_c1858487e35d631ccc30de0d73348dd1
Img_d3ceba507ccbe1b74dbf0e67eb103885
Img_8249c04a711e3e06db7ee63b364e6e9e
昨日今日暑いです。
パセもたくさん歩きたがるからと言っても、夏は調子を気にしてあげないと。

近所のパン屋さんへは、このジュートっていうのか?丈夫な麻のバッグが専用。
このままスポっとお店の荷物BOXに入るから^^、帰りも疲れたらこんな感じ。
   
表参道も緑があふれてきた。
ウチは建物全体の修繕工事中で、防水のために塗るものらしく、今屋上はプールみたいにブルー。


Img_4e8bf7cc64b36561de591030dff0dbc9
Img_e635add2b468de0a910617ae84793930
Img_baf4a39b808e12ad68e6cb86d3512c01
東京から西へ移動する時どうしても富士山を探してしまう。
日本人だな〜。

京都へ。
学生時代の先生お2人の退職お祝い会があり、お1人は専攻していたシルクスクリーンの先生で、もう退職の歳ですか?とビックリ。これは!と思い立って行く事に。

独特の家並みと設え、緑と水をたくさん感じる京都の風情に触れ、懐かしい街並にウキウキ。
Img_cc72a01efd693e99afae7f3f5c602e50
Img_ed5427303d03485721d8d55ed6b156ae
Img_f1862fc58e4c2724e2c93f88e09c38d5
ビジュアルデザインの3期合同の会で、卒業後は関西を離れたので知らない方もいっぱい。
でも30年ぶりにも関わらず親しく話してくれる同期の懐かしい声のおかげで、素敵な時間が過ごせた。
お世話人の方々に感謝。

みんなで作ったアーチをくぐる、ハニカんだ先生^^、
シルクのF先生は全く退職のお歳には見えず、胸のお花をリュックに付けて帰る姿がおちゃめ(笑)
なんだか元気出ました。
Img_6c0d94e22c04ff6a17dfe69b37a36deb
Img_046214b09cbcf6bef6d7bd8d07079dcd
週末13(金)14(土)15(日)は、アトリエアシェルカの3Daysワンダーランドです。
最終打ち合わせに会場となるMAREBITO(マレビト)さんへ。
ひとつの部屋の中なのに色々な場面を作れそうな、タイトルどおりワンダーランドな予感。

私の紙モノは写真(左上)の味のあるライトの下になる予定で、窓の外には川が流れています〜。
レトロビルでこのロケーション、貴重ですねぇ。
   
今日はまだマレビトさんの古道具がわんさかあったのですが、意外とアニマル多し(右上)
イベント中は、いつもの古道具や動物たちはみんなどこかに姿を消してしまいます^^;   
この3日間はアシェルカセレクト商品でお楽しみ下さい^^。

新しいアクセサリーの作家さん、コラージュのような楽しいバッグを作る作家さん、
フランス在住でご本人は来られませんがキュートな陶器の作家さん、新たな風が吹いていますよ。

 (Click!) 
アクセス: 茅場町の最寄り出口は1番ですが、日比谷線の方が便利なようです。
東西線の場合は3番出口の方が地上に出やすく、霊岸橋手前を右へ川沿いを歩き新亀島橋で川を渡ると目の前です。
(東西線は、茅場町駅構内工事中な上、1番出口の表示が無いため分かりにくいです)
     
優和八重洲ビル2階[MAREBITO](1階は居酒屋「無法松」です)
どうぞよろしくお願いします!
Img_98c89b80174b1960ec3c7874959123e6
茅場町から、霊岸橋や新亀島橋を渡ると、四方を水に囲まれた新川という街があります。
ずいぶん前になりますが、友人とぶらりしてみると、苺大福で有名な、和菓子のおいしい翠江堂(すいこうどう)があったり、GUMTREE Coffee と言う珈琲店を見つけ、美味しかったのを思い出しました。
(写真はそのお店ではありません)
   
新川に渡らなくても、茅場町あたりは食べ物屋さんがいっぱいですね。
展示会の3日間では開拓できそうもないかな・・・。
Img_04d0d79bbe905ffe58b69e01e8f12f08
ワンダーランド初日が終わりました。
たくさんの方のご来店ありがとうございました^^

あと2日もいいお天気のようです。
出展作家のそれぞれのコーナー、こんな風に楽しくなっています。
是非おでかけ下さい。
 (Click!) 
土曜12:00〜19:00、日曜12:00〜17:00
Img_35ea538d7b631ae58829559591247a2d
Img_55a636be6c9254e4146d6d6b92df877a
Img_78297be8ddc473c988bc0d14d2c2ede7
Img_a0c649115e9f096cb9e938da8b671c47
Img_74933c694571ff62c662ea5bec015fb5
Img_5a29b8dac132bb6a6ae4d833083464e5
Img_e4ab2e483300d19c474958addfc334dd
Img_003b05ec28f206069d630c62b65fb942
Img_748709177121e16901f9176fd8cb6086
Img_9b03b549352d74986b2bfb64fd324905
Img_f8e8aa42eafbae22dcf5405aed52e98c
昨日までのアトリエアシェルカのワンダーランドにお越し下さった皆様、本当にありがとうございました。
   
場所も新たに茅場町マレビトさんでの、居心地の良い展示スペースとなりました。
川の見える古いビル、白壁の明るい部屋。
ディスプレイする棚や机は味のある古道具。
いい雰囲気でした。
   
anzuの紙ものは写真のオウム君が一番人気でした。
このシリーズは、今回のメインと思ってコツコツ丁寧に作ったので嬉しかったです^^。
また次の会までに、何か楽しいアイデアが降って来てくれたらな〜と思っています。

Img_f0a8b0b4d1e3dddaf3fcd4117e9b3dd3
Img_55527016d1bf266b13b0d5f889c2521a
夜、森のようなピザを頬張りながら軽い打ち上げを。
反省会のつもりがどんどん話しが反れて・・・> <
またまじめな話は疲れが取れてからの方が良さそうです。
   
人間じゃないスタッフさん、社長と秘書もお疲れ様でーす。
社長は私のブースでお店番までしてくれましたよ(笑)。

Img_96b36a521b81a4f870019b72e1ed7ab9
Img_e8e623a05bba43ee03d9caee6c903b5e
梅雨前に終えようとスタートしたビル修繕工事。
屋上の地面の質が変わるため大きなプランターは処分。
自分で運べる5、6鉢だけを残すことに。   
そして選ばれし精鋭メンバーを、工事の邪魔にならないよう物干し小部屋に避難させ、ふーっと安心したのも束の間。
よく考えれば今は1年の内で1番みどりが育つ5月。
心地よい光に、風に、雨に、自然に当ててあげないで、湿気の多い物干し場に置いておくとどうなるのか・・・(一抹の不安)

日に日に葉っぱが茶色くなり、パラパラと落ち始める。
バラも、ブルーベリーも、ゆずも、オリーブも・・あ、あぁ。
木自体は生きているよね、終わったらすぐ出してあげるからね。
色々言いながら過ごしているものの、
すでにみかんの赤ちゃんの顔をしているゆずの花の跡から、「もうすぐボクたちゆずらしくなります!」と小人の声が聞こえて来そうで、なんとかしたいと思っていた。
Img_8258a4f6d7a4bd9ecd15cf5d0e4501e0
Img_a61509c3ec290cf2b5ac63116ff06640
Img_b1f4e4c23854f4c9f0703ea945baed55
そんなこんなで、ふらりと寄ったマスターのところ。
相変わらず植物を上手に育ててるな〜と思いながら、ウチの状況をお喋りしたら、
「ゆず」いいね〜、枯らしたらもったいないよー、ここに持ってくればと。

決まったのです。
里子に出すのです。
マスターに育ててもらって、元気に実が成ったらこんなに嬉しいことはない!
一度帰って、これまでの土誇りで汚れていた葉っぱを一枚一枚拭き取り、
どうも食べてるやつがいるな〜という気がしてたけど、やっぱり一緒に部屋に避難していた、アゲハチョウの幼虫も葉っぱから離し。
キレイなカラダにして・・2時間後には「マスタ〜ぁ、ゆずーっ!」
「ホントにもって来たノー!?」
   
あれ?、、、でも喜んでくれました^^。
しばらくしたら、ゆず狩りに行こう(笑)

ちなみに今マスターが楽しみにしているのは、6個のアボカドの水栽培。
2つは根っこが出たから土に植え替えたそうです。
楽しそう。家にアボカドが成るなんて!
Img_064c9330d60343d1445b1d66728cac88
気温のアップダウンが激しいこの頃。
今日はとても肌寒い。
  
Img_4504384518133076208ab106527a03dc
Img_f0997bcf148e536890ba3f8aaef5878c
民芸店の「べにや」さん。
昔はずっと宮益坂にあり、その後南青山に移転し、そこもなくなってからは
残念に思いながらも、なぜかネット検索したりはせずにいたのだけど、
今日、青山一丁目の裏通りで見つけた。
  
土ものの器、マグカップ、湯のみ、吹きガラスのコップやお皿。
これこれ、民芸品の味わい深さはホッとする。
団扇やタペストリーや藍染め小物なども。
昔に比べずいぶん商品数が減ったけど、ちょっと嬉しかった。
   
これからの季節、素麺にも良さそうな先の方に切り込みの入ったお箸と、
持った感触が何とも言えない珈琲なんかも似合いそうな湯のみ。
そして縁起の良い耳かきです。
Img_c6b5ee919b1ceaec9dbd0a6d6d046a98
ビルの谷間のカフェにオスワリするパッちゃん。
ここは慣れっ子過ぎて、もらえるものをもらうと(パン?)寝てしまうんだけど、
この日は、まだパピーちゃんかしら?
オモチャ持参でパプー!パプー!と活発に遊ぶ子が居たので、オモチャに目がないパセは刺激され、背筋が伸びっぱなしだったな(苦笑)