Img_4bfff4a2f9d9bfa79b1a5e149aba4d9d
Img_a96e41f6850b9c5feebcb1e402c759a0
去年の年明け人間ドッグで乳がんの再検査通知が来た。
無視する勇気は無く行ったのだけど、マー!痛いのなんの!(個人差あると思います)
怒りが込み上げるくらい、途中でやめてーって言いたいくらいで、
色々な病気で辛い思いに耐えてる人もたくさんいるだろうに、情けないことに2度としたくない検査で、その上悪いモノは見つからなかった。
またいつか再検査が出たら?と憂鬱になり今年はどうしよう?と思っていたところ、ある話を聞いたのがきっかけで、少しお金はかかるけどPET-CTがんドッグというものを受けることに。    
造影剤を注射した後1時間半を安静に待つのが退屈なくらいで苦痛も無く、オプションの検査を含めるとだいたいの全身の異常が分かるというもの。(すべてが分かる訳では無いようですが)
   
深刻なものは何も見つからずホッとしたのだけど、思いもよらない事が。
思いもよらないと言うよりは、この症状を読んで行くと、この1~2年の何をしようにも変なしんどさがあったのはこのせいだったのか?と思えるような納得のいくこと。
     
全身画像の甲状腺の所が濃くなっていて、専門医の診察を受けるようにという結果。
近くに専門病院があるので早速行き「あーありますね」と先生の言葉にも認めざるを得ない感じ。
ネットで調べると、特に女性に多く40歳前後の5%くらいの人がかかっているという甲状腺ホルモンの異常は放っておくと重篤にもなるようで、自分では考えも及ばなかった結果にこのドッグを受けて良かったと思いました。
   
今はどのような度合いなのか?薬の服用が必要なのか?1週間の結果待ちとなっています。
でもでも、エイ!っと気合いさえ入れれば何でも出来ている私ですからきっと軽いのでしょう^^
それよりも、PET-CTがんドッグで甲状腺の異常までわかることに驚いたのでした。
Img_9cc7a3ae73f889980d884c491a05f4d0
anzuさん大丈夫よ!とパセリに言われてるようです。
Img_081dd4faf9f29569c6eee8fbfaaaee75
Img_53aa04edd17d177a811cc6169a31b043
週末は嵯峨美時代の友とたくさん歩いた。
彼女が上京すると想い出話しに今の話、お互い好きなようなお店を巡り、美術やギャラリーを観て、この変な重い天気が続く中でもずっと歩いていられるから不思議(笑)。   
美大の時は同じ科ではあっても私はバスケもしていたし、専攻やバイトも過ごし方も違ったけど、10代最後の2年を大覚寺近くの同じ下宿で暮らした経験は、えも言われぬ安心感があるように思う。
  
写真左:代々木VILLAGE(プラントハンター西畠清順さんプロデュースの)
  右:東京駅舎(南側のKITTE6階屋上庭園から写す)
Img_e9d4f9cbf43097439bcc92694f74e1fe
Img_16c2929fb455e8b09f44cf35640a18b2
前記事の少し心配だったことは、やはり慢性甲状腺炎という結果で、近くの専門病院で薬をもらうことにはなったのだけど、ただでさえ体調が優れなくなることが多いこの年齢に、なんでこんなにダルいのか?と悩んでいるよりは、原因が分かって良かったと思う。
そうならそれなりに無理せず付き合っていけば、特に問題はないようなことで幸いだったと思うことにしよう。
    
軽快な気持ちとカラダを持っていないと、パセの遊ぼう!のお相手ができなくなったら大変^^。
ふと上の散策風景にも疲れたスタイルで歩いてるな〜と反省。スッとしよう。
   
さて、からだの対処は分かったところで切り替えて・・・早く制作を進めなくては(汗)
Img_cfac96b54b110e2093ca6c6a3974e56e
Img_dceff9d9b0e82e91a0f2580478d2e993
いろいろイメージが錯綜する。
まずは10/25-31の河田hiroさん主宰のグループ展に、また参加させてもらうため4点のコラージュと詩。
その翌週11/6-8が、丁寧な手製の1点物にこだわるセレクトショップ、アトリエ アシェルカの展示会。
12/1から年末までが、美味しいパン屋さんパン・オ・スリールでの個展。
   
どれに対して、何がいつフワッと頭をよぎるか分からない(笑)
だから忘れないようにすぐノートに書きトメ、書きタメ、だんだん全体が決まってくる。
   
二つ目以降はまだまだだけど、がんばろう。
Img_e86fc412a87a4222c77585dd7035b070
Img_aaeb07aa7c4aac4c1e22eced9a29be95
12月のパン屋ギャラリーは、コラージュ作品とカードの展示、そしてワークショップが出来ればと思っていて、クリスマスってどんなアイテムがあったっけ?と改めて素材集め。
ふと目に停まり買ってみたのは幼児向けの言葉覚えの洋冊子で、クリスマスというタイトルのもの。
使われてる写真が古いおもちゃでなんだか楽しい!
    
朝が早い(早過ぎる)夫の起きてる様子でなんだか目が覚めてしまう毎日。
お布団の横からパセが顔を出していた。
タテに寝てる私のどこかの位置から垂直に出てる枝のように寝るパセ。
なんかホッとした。

これから3ヶ月余り、田舎に帰省したり、義母の一周忌があったり、山にも行ったり色々しながらも、頭はほぼ制作にハマッったまま2015も終わりそうな予感。
Img_64ce6b4a829d628829bf103d1dd319da
Img_048a115acb7eca373b2cfebc5e2c71be
私がコラージュに使うものは、主に紙と布、ボタン、リボン、そして切手。
それから自分で撮った写真やアンティークの写真。
たまに鉛筆で描いた絵や、古い小さな部品のようなモノ。
それらを並べていくうちに、何かと何かがいい雰囲気になったりして出来上がって行く。
   
でも横に並ぶものだけの関係では決められず、下に敷くもの、その奥に見える額の中、その額自体の色や縁の太さなど、絵の部分ができてからも、額に収めてしまうまでにそれと同じくらいの時間がかかってしまう。
左上のは、絵の部分がまだなのに、額の奥と、貼り付けて行く台の組み合わせを先に決めてしまった・・・こう言うこともある。
とにかく全部の関係がしっくりきて終わったと思える。
     
小さいとき遠足で、家に着くまでが遠足です!と、気を抜かないで車に気をつけて帰りなさいと言われたことを想い出した(笑)。
額に収めるまでが、作品づくりです!みたいな。

出展3回目、この時とばかりに気合いが入る「詩」を添えた4作のコラージュを見ていただけたら幸いです。
    
河田ヒロの水彩&コラージュクラス グループ展
2015年10月25日(日)〜31日(土)
ART&CRAFT
銀座 ACギャラリー
 (Click!) 
Img_69a99ec51406434d1ae9ac0c5357f627
Img_17684868569a22e7684bb15386293b4e
友達がくれた紅茶とお菓子のセットのお菓子がとても可愛くてピンブローチにしたくなりました。
   
上のACギャラリーグループ展の翌週にある、日本橋ギャラリーkaiさんでのアシェルカ展の小作品も少しずつ作っています。