Img_d3dca662a3b53d57421c0bc027670bc6
Img_7b1bd36ba8996da6e45cdc20458e06d9
クリエイターズ トートバッグ エキシビション
始まりました!
   
こ〜んなに、素敵に!
メインの壁は皆さん作品と言う意識で創ってくれた面白いもの、丁寧なもの、楽しいもの、
いっぱい工夫の見える素敵なトートの展示です。
   
奥の壁面には、企画サイズではない、ラフなものや様々なトートを展示販売しています。
是非ご覧下さい!

Img_49e811fc25c8a7cad96f5ae0b6dd53f1
Img_a4b0959b2ee48e4561cb14b3abe8ba82
Img_9fd164ede7e05c9754ef5418d1bf57af
こんなキュートな動物たちも登場しています。
じっくりとご覧下さい!
Img_cacbd05be5e2888a2710dd613f05441f
Img_434cc6721822a38d8cf98edca5a47260
Img_40b1816c82705ca5550975e707012a36
Img_e4b536a0796e6fe0ca33bd0b76622088
トートバッグ展、メインの壁の作品は、同じ形に統一してプロフィールパネルなんかも付けているので、触っちゃいけない展示のかな?と思われる方も多いようですが、スタッフに一言声かけていただき、どうぞ持ってみたり、じっくり見て下さい。
そして、気に入れば購入できます。
こだわりの作品は、お値段もそれなりだったり、お得だったり色々で、
とにかく作家の想いが詰まった特別な1点モノになっています。
   
黄緑の市松トートは、本格的にしっかりと作られたテディベアがチャームになっています。
それを思うとお安い!
ベアだけでもそれくらいしますから。
    
友情参加オッティモ Tさんの刺繍ブローチ。見るたびに楽しくて仕方ありません。
   
いつも楽しいイベントを思いついてしまうハート西村さん。
黒のミニトートに、その人に似合ったハートを描くという企画。早速予約が入っているようです。
    
こんなわけで、トートバッグ展に絡めて色々!楽しい会場となっているパン・オ・スリールです。
Img_7d8e4e2355271859045b7ae3ccf86369
それはそうと、明日はいよいよ歌手MIYAKOのジャズライブ。
メイン活動の年2回のライブでは、毎回素敵な衣裳を見せてくれるのも楽しみの一つになっていますが、明日はパン屋さんという身近なプライベート空間なので、少し趣が違うかも知れません。
シックなのかな〜?、それとも艶やか?
   
勝手に総集編みたいな写真作ってしまったけど、歌はもちろん!ファッションも楽しみです。
Img_1b1b0a4a17e8ec7f43a7f6669f4d31a4
Img_596114075a272ed0ada2c2ef05a63b65
この日の為に準備して、告知して、fbにもうるさいくらい上げてきた(苦笑)ライブが終わりました。
雨の中、お運び下さったお客様の心にはどう残ったのでしょうか?
あ〜なんか良かったな〜、楽しかったな〜、とお帰りいただけていたら嬉しいです。
   
企画担当としては、緊張や不安もありつつも、音が始まるとジーっと聴いていられない体質なもので、一番後ろ、誰にも見られないと、スイングスイングしまくっていたら、キッチンからしっかり見られてました> <;
なので、私も間違いなく楽しかったです。
Img_8317c84cec22a7c9223d873baf3dc875
Img_66be7598090ae37b8e6ab65e3b71032d
Img_3fe513f192d94cfbe76d30800519ab5e
会場設営ができたらさっそくリハーサル。
スタート20分前、そろそろお客様に入店いただき、恒例LIVEでいつもMIYAKOのコーラスを担当している素敵な4人のボーカルグループEXCELLAND(エクセランド)も今日はお客様です。
Img_29fd05467395103340c04f087a2760a9
Img_859239855e0d8896ea2dce7af77d4933
Img_38a72409081c306cd10163830a0d45af
澄んだ綺麗な声で、しっとりな曲、かっこいい曲、元気なの、しみじみなの・・・本当に飽きさせない構成で素敵なJAZZの夕べだったと、今でも想い浮かべてうっとり^^。
    
今回はギタリストの梅田光雄さんにも、本当に感動しました!
伴奏というよりも、ボーカルとの掛け合い?、影響し合ってる感じが伝わりました。

それから、面白かったのはこの壁面ギャラリー。
7/1からスタートしている、クリエイターズ トートバッグ エキシビション。
私もMIYAKOも出展者で、他にも駆けつけてくれた作家さんがいて、自分たちの制作したものを背景にJAZZが聴けると言う、あまり無い経験もできました。
Img_e38586642920a2e9dca16896bdcde20a
Img_9ee51f1652f670de76e65992662f4085
Img_3c8576e2c74c8a53a6c76536be0d0589
そして、そして、御歳80になろうというMIYAKO-PAPAの特別出演!
その声量と情感溢れる歌は、聴く者の年齢など関係なく、圧巻なのです。
「MIYAKO&PAPA」の恵比寿でのLIVEはこのお2人の歌がたっぷりたっぷり聴ける!
その魅力がどんどんお客様を増やしているのがよく分かります。
それからEXCELLANDのコーラスも魅力的です。
    
大盛況のうちにライブ終了となり、パンのパーティーに移ろうと準備も整わない内に、その香りに惹かれてか?どんどん皆さん食べて飲んで盛り上がっていました〜(苦笑)
   

Img_b1c65bdcd873fd53a296ef424ec8736b
Img_cfaaff64f3cfbb2152db7e0682b313ff
日曜は約束ごとがあり日帰りで山へ。
車中はバク睡!首を痛めそうになるほど、ガクンガクン寝てしまった。
一瞬の深呼吸でも気持ちよかったです。なんといっても美味しいお肉も食べたシー。
   
怒濤の土日でした^^;
Img_29241d33738f3dc4ab5bc086082e477a
ふと、机に向かう時間を作らないと・・と思う。
ただ座ってみたものの、何が作りたいのか?触発されるモノを探したくなって、色々な画家を検索したり、持っている画集を見返したり。
   
確か日本の切手にもなっていた福田平八郎の絵に目が留り、え?日本画だけどデザイン性を感じると思ったらもっと見たくなって、素描集と、作品集の2冊を(中古で安く)買っていた。
繊細過ぎたり、金箔銀箔みたいな日本画は美しいと思うけど、ちょっと遠い存在に思えてしまうけど、この人の絵はとても好きだと思えた。

Img_685947451b80d63130c7811433cf203b
Img_f57b7078a4cdfda2897ad7cc0fbfa658
他にもSaul Leiter(ソール・ライター)の写真集(左)も見返してやっぱりいいし、Edward-Hopper(エドワード・ホッパー)も好き。
   
共通点が無いようで、なんとなくあるんだな〜。
構図や色合い、どこかビジュアルデザインのような感じを受けるところ。
深さや、時間が止まったような感じ。
何とはっきり言えないけど、あるように思える。
Img_0ca06334b7d254013add993b08f04035
Img_594780bf1e2919d70e53e8bd2491ca68
先週土曜日の、パン・オ・スリールでの七夕ライブ。
一度レポートしたけど、この2枚の写真がイイなと思ったので、再び。
   
もう最後の最後、皆さんに感謝の言葉を言う、清々しい笑顔のMIYAKOと梅田さん。
そして、まるでこの方のリサイタルだったのかな?と思うほど皆さんに拍手喝采を受けるPAPA。
「歌」と言うのは本当に素敵だな〜と、再確認できました。
Img_721dea8b8852ad0f7ea5c8e52bd38799
サングラスは苦手で、年齢的にも目が弱くなってるのをすごく感じるから、保護の意味でも平気にならなきゃと思ってはいるけどなかなかできない。
   
ましてハイブランドのモノなんかキラン!とメガネばかり格好良過ぎて気がひける〜とか思っていたら、イタリアの雑貨メーカー、fullspot(フルスポット)から、すごくカジュアルで、デザインが自由にカスタマイズできて、シリコン製で軽く、楽しいやつを見つけた。
   
梅雨が明けたらこれで楽しんでみようかな〜〜.
Img_22c56edc02e5484b19765daba8ed0c2e
                               (photoクリック)
渋谷〜青山のパン屋カフェでありながら、昔からその界隈に住むお年寄りも集うという地元密着型で、パン好きさんからは遠方からも注目されるとても美味しい「パン・オ・スリール」 (Click!)    
  
そこで今開催中のクリエイターズ トートバッグ エキシビション。(〜8/8まで、日・月休)
7組10人のクリエイターが、楽しいトートバッグを展示しています。
   
バッグ内側の布にも凝っていたり、裏側にブローチやバッグチャームが付いていたり、
本体にもビーズや刺繍と手をかけていたり、360度ぐる〜っと見ていただきたいです。
   
例えば私anzuのピーチ色のミニトートは、表のアップリケ的素材は一部を除きアンティークのもので、コラージュのように合わせてみました。
そして後ろには絵がないかわりに、ボタンやリボンで作ったブローチを。
    
Img_f3d766f25dcd09f950e8c1dc31894ae4
フォトグラファー、Rocoさんのペンギンやフラミンゴは動物園で撮影したものを素材にして、プリントしたり、かたどった素材をビーズなどと縫い付けたりと面白いです。(上、左と中央)
    
服飾作家でもあり写真も素敵なmimiさんのミニトートは、可愛いお花のレースが散りばめられていて、白一色で大人かわいく仕上がっています。(上、右)

そして、テディベア作家のKaoさんのは、ユーモア、アイデア、デザイン性も素晴らしく、作りもカチっと決まっています。
グリーンのクマちゃんの行く先が気になっている、わたしです(笑)
(下3つ)

Img_be245dc53657d8ae4debf58296d139e8
きものクリエイター「一道」が作り上げた着物の生地は素晴らしく、それをアレンジしてバッグにしたMIYAKOの作品は、大きなバッグは外側にきもの地、ミニトートは内側にきもの地を使っています。
とても高級な生地だけあって、見れば見るほど匠を感じます。(上3つ)
   
オッティモ!のKさんは、アンティーク市や海外などで見つけた布をシンプルだけど味のある組み合わせで素敵なバッグに生まれ変わらせています。
色々トートコーナーの黄色いものは浴衣地だそう。(下、左と中央)
   
同じくオッティモ!のSさんは、頑丈さと使い勝手を最重視!
デザインも素敵なのですが中を是非見て下さい。
内側にファスナーのポケットにオープンなポケット、本当に凝っていて長く使えそう!(下、右)


   
Img_e5c84543437ff307059dd82613e68654
ハートおじさんこと「ハートの絵描き」でお馴染みの西村さんは、繊細はハート、勢いあるハート、様々なハートで魅了し、ファンがとっても多いのです。
明日から3日間、ショルダーにもなる便利なトートにオーダーでハートを描いてくれるイベントをやりますよ!
限定数なので是非お早めにお問い合わせを!!
    
そしてそして、今回オッティモ!から友情参加のTさんは、バッグや洋服、帽子、どんな所にもアクセントに使える手刺繍ブローチを販売しています。
この方の愛嬌のある絵が大好きで、どれにしようか見るたび考え中(笑)
    
こ〜んな感じで、楽しい作品と、楽しいメンバーとで展示会が出来ていることが嬉しく、なるべくたくさんの方にひとつひとつ見て欲しいのです。
美味しいパンとともにお楽しみ下さい!
Img_6538758611fc03faff6e4dbd5274f2fa
山に行くと、ひと月ひと月確実に景色変わって、季節の移り変わりをはっきりと見ることができる。
それと同じく、河田ヒロさんの水彩&コラージュの講座で明日館へ行った時、独特の建築物と手入れされた庭を眺めると、山のようにダイナミックではないけれど、確実に季節を感じてホッとできる。
   
いつも8月頃から、あぁこの猛暑あと何日続くんだろう?と、絶対に少し先に涼しくなることが分かっている安心感があるからそこまでウンザリしないけど、今年の猛暑はちょっと早くないですかー。
  
Img_fcd924ff88e00c8ff352f4ffb0492b9a
Img_1faad792e9534f2a6a8d4cde73b11713
10月25~31に、その(上にも書いた)ヒロさんクラスの方々とグループ展を控えている。
3ヶ月前と言う今は、もう構想ができていたり、制作もほぼできていたり、パーツだけ決めていたり・・個々のペースによって一番マチマチな状態。
だけど、作品を何にはめ込んで見せるか!の「額」だけは選定していかないと。
ヨーロッパのおうちの壁のように、違うタイプで並べてみようかな〜。
    
左の絵本はフィンランドのらしく、まったく読めないんだけど、私が何かに没頭してる時、パセが「何してんの〜ぉ?」と様子を見にきて、参加したがる光景に似てる気がして気に入ってる。

Img_f101b1bd87b1397691c43900bcb7a33a
Img_9ff66ae7b1f4b17ed45ceea014e53171
トリミングしたてのスッキリとプードルらしいスタイルは大好きだけど、モワっともこもこ気味になって来た頃も愛嬌があってスキ!
するどい目つきをしても、すねても、パセの気持ちがどうだろうと漫画ちっくでカワイイよ〜〜。
Img_6d94844df4c102c9f42e015962f8491d
Img_0c6ba0548865ceb6dd0b0611aacfd09f
Img_a089b8e6911ae6ef631da946f77e1df3
恵比寿で前から気になってたお蕎麦や「香り家」さん。美味しかった。
ちょこっと付いてるコーンの炊き込みゴハンもおかかが入っていたような・・イケます。

外苑前のいい感じのバー・ダイナー「エディブル ガーデン」を経営するサンシャイングロウンは、前から土日国連ビル前でやってるファーマーズマーケットに八百屋を出展してるけど、最近「SunshineGrown×梅屋」になって、今は三浦スイカが美味しい。小玉なのに皮が薄い分、中身が詰まっていて重い!甘い!
スイカ満喫です。
   
右のはそのエディブル ガーデンのデザート。
この塩で食べるチョコレートがスキです〜。
Img_6f91d1bb6e87a639c055ea88a99d529e
インターFMから、あとノリのレゲエ風「海を見ていた午後」が聴こえてきた。
不思議なことに、最近よくユーミンの詞を思い返していた。
ソーダ水の中を貨物船が通る・・・・なんて、田舎の海を眺めていても、貨物船は通るけど、ソーダ水越しに見るシチュエーションがないし、私には到底思いつきそうもない。
やっぱり、山手のドルフィンあってのイメージなの?とか(笑)
   
「埠頭を渡る風」も大好き。
セメント積んだ倉庫のかげで・・・なんて、また田舎話しで悪いけど同じ場所を想像すると、淋し過ぎて恐怖だな〜> <; 都会だからこんなにスピード感と、キラキラ感があるのかな〜、とか。
   
とにかくこのところ、なぜかユーミンの色々な歌を浮かべては、言葉の選択がやっぱりとても素敵だな〜って(そりゃそうなんだけど、あらためて)考えていた。

写真のものたちは、ある詩が浮かび、それと同時進行で作りたいコラージュの素材で、まだまだ何か物足りない。

Img_51c602bf0d1d6707eca6265f05acb0ce
最近の夕暮れは、夏の夕方ってこんなに色々な表情していたっけ?
と思うほど面白い空になっている。
   
時々山に近い場所へ行く。
山の景色は雄大で、気持ちがいいし好きだけど、本当にカラダに溜ったままの息を全部吐き出せるのは、私だったら海だと思う。
生まれ育った環境によるのだろうけど、海が無いと全部吐き出せない気がする。
福山マシャの「蜜柑色の夏休み」みたいに、汽車に乗って海の見えるところへまた行こう。