Img_9b8bd734afab27620907ae77de16f3a4
あー、今年も桜が満開。
出会いと別れの季節・・なんて言うのは学生時代や会社員時代の話しと思っていたけど、馴染みのゴハン屋さんなどでも、スタッフさんから「実は4月から・・・」とご挨拶をいただいたり、
「前からやりたかった方向に行く事になったんです」と報告をいただいたり、身近な人たちも動いて行くのだな〜とつくづく。
   
そして、それは淋しさよりも、この先の夢に繋がるようにガンバレ〜!と素直に見送れるのは、
淡いピンクに彩られたさくら満開の季節だからなのかも知れない。
Img_04c78286aa094174a86ae45e283a5a15
Img_3c8118e1ea447e1cdd83f7ff20dd9326
いつもお世話になっているパン・オ・スリールさんでは、好評だったハートスマイル展を終え、偶然ギャラリー展示の空きがあり、私のコラージュを数点掛けさせていただいている。
ハート西村さんのマスキングテープ作品も残してあり、まったく違うテイストの作品が並んでいるのも、ちょっと面白い感じになっている。
パン屋さんに行かれた際は見ていただけたらありがたいです。
Img_ce2be8df54d546e2c4e3017eaa225af8
Img_6ccbccbcca69ada1696b8f99b6af7776
pase:最近この籠をanzuが気に入っていてすぐに入れられます。
すごーく長いこと運転してなかったくせに、車を変えるのに操作教えてもらうために乗っておかなきゃと、突然運転して焦りましたよ〜。
何事もなかったけど・・・
今度のは車庫入れ(バック)の時後ろがモニターで見えるぞ〜。
すごいけど、1回じゃ要領つかめない〜。
どんなにハイテクになっても経験(回数)ですなっ!
Img_e04df749eb19cbcd4bd7347e6fbaa099
昨日、3日間のアシェルカ展Vol.9『プリズムの森』を終えました。
たくさんのお客様に来ていただき、本当に感謝!ありがとうございました。
   
雨が降ったり寒い日もありましたけど、
まさに会場は、スタッフとお客様がプリズムの色々な方向へ反射する光ようで、春を想わせてくれるギャラリーになっていたように思います。
   
いつもの事ですが、準備は進めているようでもまた何か思いついたりと、イベント前は終わりの無い戦い。
今回は造形作家コクリコさんとコラボして、久しぶりのワークショップもありました。
ご参加の皆様に楽しんでもらおうと夜な夜な素材のチェック^^。
そのまま搬入、初日、ゴールまで〜と突っ走る感じです。
だからこそあんなに最終日のお酒とゴハンが美味しいのかな?
打ち上げのあとは、桜の日本橋の風景を見つつ解散しました。
    
アシェルカの一見女性らしい(笑)実は男前パワーのみんなと、今回特にコンセプトを強く持って展示会作りをした事は、また次への勉強になりました。
いつも心強くありがたい気持ちでいっぱいです。
    
さあ、今年はもういくつかの先にやるべき事が入っているので、ドタバタにならないように計画してやらなければ。
こうしてまたひとつ、展示会を終えるごとに次への想いが膨らんで行きます。


   
Img_b27e08a2aaf75f9b6f2e2ae212ac5bd6
展示会をひとつ終え、7月に計画している事の打ち合わせに行く。
このスペースにどう並べるか?
幾つ展示するのが最適か?
依頼する方の所へいつ尋ねよう?
自分は何を表現しよう。
いくらでも考えることはあるもの。
   
ミエル、犬は本当に偉いと思わない?
仕事や家の事で頭がパンパンな人も、年を取ったり不自由になって施設に居る人も、みんなを笑顔にするからね。
ベア達もそう言う意味では一緒だね。
   
(ミエルはkaoさん作のはちみつ色のテディベア)
Img_44f270839a956eb7540278d24072dda2
年齢的に折り返し地点を越えたなぁ〜と気づいた頃から、残りの時間で何ができるだろう?と
ふと考えることがある。
だって早かった今までよりも、もっと早く過ぎて行くと言うのだから。
     
いつも紙切れと格闘している私に大した事ができるとは思えないけど(笑)
それでもいつも何かを作らなければと、半ば焦りにも近い感覚で自分に課題を出し続けていることが、ある意味救いなのかもしれない。
Img_2ff387e6557396c17711fc423960b33d
できたてホヤホヤのクッション、
またパセのモノになった。
まぁ、パセの写真が散りばめられたコラージュからできたモノなので、あげるけどね。
Img_03433fd8c53e2fdd4de6f99a0bb8aa73
Img_940b134f1351c19ff85731fc402a0474
Img_3bc947528840ca0813e7093284190dce
家ではとても購入できないような機械を借りて様々なモノを創る工房で、クッションのワークショップを。
原稿は、絵を描いてもいいし、写真データをUSBで持参でも、またコラージュのような切り貼りした原稿そのものでもいい。
私の場合はまず原稿をスキャンしてくれ、パソコンに取り込み、複数くっ付けたり、どう繋げるかを考え、大型プリンターで布にプリントする。
   
インクを定着させるため、生地を筒に入れて蒸す。
ここまでで1時間経過。
Img_9a894fcc35332fbf420fe764be307ed3
Img_47482cf933ba18274ef532b723aaf11e
Img_b802f1d499d3bd9a9171bb92a5243d1a
蒸す25分間は休憩時間で、工房っぽくもありカフェのような場所でホッと一息。
    
蒸し上がった布は外に持って行き水洗い、ザブザブ。
洗ったら、脱水、ドライヤー、アイロンで乾燥させ定着終わり。
選んでおいた合わせ布と一緒に好きな形に裁断し、綿入れ部分を残しぐるっとミシンがけ。
質のよい柔らかい綿をどんどん詰め、形を整え、最後に空いた部分をまつり縫いで終わり。
   
どうなることかと思ったけど、3時間のワークショップ、ほぼジャストに終えてお褒めいただきました(笑)

Img_4ad385dedd8b72415a07afb937dad898
「生地も形もデザインしてつくるクッション」ができた!
一緒に行ったのは、社長と秘書の写真をクッションにした写真家Rocoさんでした。
   
こうかな?ああかな?と考える時間がメインのワークショップと違って、どんどん作業を進めなければ仕上がらないタイプのもので、お腹空きました〜。
Img_67058a1bf52663788e40aad590905aff
あまり乗った事のない池上線に乗って小さなセンスの良いお店へ。
店主のアトリエでもあり、洋服やバッグを縫ったり、ドライフラワーをコラージュのようにセットした物や、アンティークの小物、お花を仕入れて花の撮影会ワークショップをし、参加者の作品を店内に展示するということもしていた。
すべてがアンティーク風というかフランスっぽい世界。
   
その人自身の世界観をそのままカタチにしたお店。
維持して行くのは容易じゃないと思うけど、勢力的にイベント出展や活動をして、本当にタフだな〜と感心する人達が東京にはいっぱいいる。
Img_c28769f3aa71bf8a12f9e51ae21ff5d7
Img_2cc5f810589de875bf903ead4ec62395
私たちもボチボチ頑張ってます(笑)
5月2日はいつも参加させてもらっているアトリエアシェルカの、初の青山ファーマーズマーケット出展があります。
商品がその場に合うのか?とか色々考えはあると思うけど、何事もチャレンジという精神だけはある人の集まりのようです、私も含め^^。   
みんなで持ち寄った素材を詰め合わせたセットが楽しいので、覗いて下さ〜い!
Img_d5a8f8f9aed9971acfaf0c84bba1f476
Img_66385974a3ed67f55b70b59df6c321a5
先日ドタバタの中、ふと結婚記念日だと気づいた・・・
そんな、急だけど節目として一息ついときますか〜な時は(笑)、なんか安心するここ、
クリスタリーヌ。
「パセとテラスでランチできる季節ですね〜」と言ってくれて、いつの間にか季節がすっかり変わっていたんだな〜。
     
先日工房でオリジナルプリントで仕上げたコラージュクッションは、パセがしっかり活用してくれてます。