Img_050514fd5a1e44159a1cb642f2e3bd65
このところ気分を変えるためにも、家に中のレイアウトを変えながら片付けてる。
コラージュをするにも細かな物をストックするのが癖になっているせいか、一見がらくたの様な物、でも愛着あるものが多くてなかなか整理が大変。
    
床の間スペースを少し小ギレイにしてみた。
河田ヒロさんの絵「スリップウエアの水差し」が映えるように。
      
Img_c15133576f418e093a6c3e39364819a4
Img_2dd0e39c37e3a05befb03d1349448fc2
暑いのと、パセが活動を控えているため、日中はモノ作りか片付けがすっかり多くなった。
アルバイトも息抜き外出もしながら気長にやりますかー。
Img_8ab619d5bfc82d33952a548b2b49d62d
次回9月のワークショップでは、サイコロ状の木を白やミントグリーンに塗ったものを2個並べ、二つの関係を意識しながらコラージュをしようと思う。
絵を繋いでみたり、繋がなくてもいい関係ができていたり。
くだもの、どうぶつ、帽子など単体の絵が一つずつ入っていても可愛いと思う。
また、水玉模様やストライプ、模様ばっかりでも面白いかも。
こんな小さな物でも、日々「コロッ」と一面回してみるだけで物語を感じる。
想像は広がります。
    
詳しくは上部{Workshop}からお入り下さい。
Img_ed6a9d4aa53d0f862bec7655c14d5afd
昨年末に体調を崩した義父が春までお世話になった病院に久しぶりに来た。
    
浴風会病院の歴史を読むと、大正14年関東大震災の被災老人の援護を目的として内務省が設立したらしく、建物も時代を感じる雰囲気のあるもの。
88年を経て、新たに病棟と介護老人施設を備えた大きな建物ができ、秋には開設するらしい。
新旧並べて撮ってみて、約90年とは長いような、短いような不思議な気持ちになる。
    
この病院勤務を経て、小さな介護施設を開いた方に今父はお世話になっている。
入院した頃は足も弱り車椅子でトイレの介助も必要だったが、ケアの行き届いた普通の生活をさせてもらい、ご飯も美味しく、新聞や雑誌を読み、会話をして、そういう事が影響し、今は歩行もしっかりと身体はとても調子が良いらしい。
軽い認知症があるため脳の画像をチェックしているが、そこにもよくなっているのは現れていて、病院でのリハビリから今の施設へ移り家族的な生活へと、取って来た方法は良かったと先生に言われ少しだけホッとした。   
          
栄養を摂る事の大切さ、人と関わる(会話する)事の大切さをつくづく実感した出来ごと。
それはイコール、誰も一人ぼっちでは生きていくのが難しいと言うこと。
家族や知り合いが関わり、趣味や仕事に関わり、馴染みの店があるのもいいと思う、色んな事で人とつながることが大事だなぁ〜と。
(関わりが多過ぎてのんびりできない程ではダメだけどね・・・苦笑)
Img_6820496a77783c04264be6c46864bc6f
Img_786f6fc0f428fefa6a6f8151f4adf223
ここ数年は春や秋に帰っていたけど何年ぶりかでお盆に帰省した。
同じ暑くても都会とは全く違う空気と蝉の声をたっぷり浴びた。 
この町は小さい山と川の先に海があり、な〜んにも無いと退屈に思っていても、ビルばかりの街から行くと結構いい眺めだと思う。
    
お盆帰省の理由は小学校の同窓会。
懐かし過ぎて、誰を見てもドギマギ!(笑)
これまでの時間を少しは知っていた人もいれば、30ウン年全然知らなかった人もいっぱい。
み〜どりが お〜か〜の〜・・誰かが校歌を口ずさんでいる。
通った学校は通称「みどりが丘小学校」と言い、私は家から遠くて大変な面もあったけど、この学校の名前と木造校舎が大好きだったな〜。
同窓会でいい時間を過ごしました。
Img_743609e531ecc49e1f77653958928977
Img_a37c1e9f2cc8397683dbea40c7067b7c
もう一つ懐かし過ぎたのは、生まれた頃から祖母の家にあった掛け軸。
小さい時はこの寅が出てきそうで、泊まる時にしっぽが動いたりしないかとジーっと睨めっこしてからじゃないと眠れなかった。
母は、もう姪だけになった実家からこの掛け軸を譲り受け、表具屋さんに修理をお願いして蘇ったらしい。
    
高松空港で買った醤油豆ドラ、なかなか美味しかった。
最近讃岐でも、見た目も味も良い感じの新しいお菓子を色々発売しているようです。
Img_dae42ce4149ea355093cec4e2d1b52c2
パセちゃん、ただいま!
会いたかったよー!
夕べはひとしきり大騒ぎして、安心して寝たんだよね。
Img_e0b33c17c999e1e0a662e04e42038939
少し涼しい日が続いてる。
この頃ふと頭に流れてくるのは陽水の「少年時代」で大好きな曲。
先日友達2人も歌ったり、ハーモニカで吹いたりしていた(fbにて)。
   
そう言えばこのお盆に帰省して、住んでいた町を訳あってぐるぐるとドライブすることになった時、祇園祭りが開催されていた通称「ギョンさん」(ぎおんさんが雑になって)と呼ばれていた祇園神社がこんなに小さかったとは!
私の頭に残っている夏祭りの、色とりどりの夢のようなキラキラ感は・・こんな小さな場所から繰り広げられていたんだな〜。
ヨーヨー、お面、綿菓子、リンゴ飴、うさぎのフーセン、赤いタスキの茶摘みスタイルで踊る茶摘み音頭の長い列に、あの賑わいは嬉しくて、楽しくて!
夏まつり 宵かがり 胸の高なりに合わせて・・・この曲でフワ〜〜っと蘇る。
想い出は焦ることなく、本当は実際よりもどんどん鮮やかになって記憶されているのかも知れないと思った。
     
パセの馬尾症候群も検査と薬で対応してきて経過は良いのでひと安心。
ただ一旦減った部分がもどるわけではなく、この秋12歳という年齢もあるので進行しないように気にしながらずっと付き合っていくものだと思っている。
Img_070c8ac684c485c2f02ff80dc9e33940
Img_05bc58ec16d05d7efa0f2f27c29f58d1
秋を感じると、お決まりのようだけど不思議と制作意欲が湧いて来る。
展示会で最近よく作る、エッフェル塔をモチーフにしたコラージュカードはあっと言う間に売れてくれて、また作ろうと思っている。
時々バイトさせてもらうパン屋さんでもパンに囲まれていると、このカードは合いそうだな〜と、また作る気になってきた。
この夏充実していたフルーツたっぷりのデニッシュパン。
桃バージョンがクセになってます。あ、バナナもね。