Img_dd577fa764b0094852971093cf844ff9
Img_9b1c01bd9de2a380506689feb0af447b
秋、まだ暖かい日が混在する10月よりも、冬直前な感じの11月が好き。
本当に寒くなると辛いくせに、11月はなんだか好き。
空気が冷えた夕方のにおいとか、
雲や夕焼けが芸術的になって、すごい空になる時とか、
はっきり何が?というのは無いけど自分にはしっくり来る。夏生まれなのに^^;
      
先日天気がよかった山では、パセリはやっぱりムシャムシャ草をはんでいた。
止めさせようと呼ぶと、何もしてないよ!って顔で
見るんだけど、あごに草がくっ付いているのにすましてて面白い。
Img_50cfb8fe5a92a9f7032c97ade5341d19
Img_eb34f9330ad7c404a635cd473b8ac70a
11月の声を聞くと、気ぜわしさもある。
落ち着いて考えれば、そうでもないのに気分的に踊らされてるだけ?
ちょっとゆっくり考えてみよう><;

ふふ、まだまだ早いのに、プリントしてみたくなった。
こういう活用本は、案外いろいろ使えて楽しいナ。
    
実家についでがあり一冊に入れて贈ったけど、なんとウチにはパソコン&プリンターが無く、
母が見るための絵本状態^^;
でも結構楽しんでいるみたい。
いざとなれば兄に頼んでなんとかしてもらうでしょう。
Img_cb4051016576164ed9571902f0a693f6
Img_6b97ce321f0aaba4f33650200ab968a6
たまたま昼夜出かけることとなった日。
ずいぶん前から大流行しているパンケーキをやっと食べようと(混んでるお店はパスして)THREEへ。
ヘルシーなお食事的パンケーキを食べて美味しくて満足^^。
     
そしてその夜、迷った結果ハワイカイルアから進出のCinnamon'sへ。
サッパリした店内にハワイアンが流れ、エッグベネディクトって?と注文したら、マフィンの上にサーモンやいろんな具材とプルるんるんの半熟卵が乗った、案外シンプルで可愛くて美味しいものだった。
そしてせっかくなので、ここでもパンケーキを!
   
パンケーキにはだいぶ遅めのチャレンジなのに、いきなりハシゴでした。
(ククルザポップコーンは、やはり混んでいて入店できず、通り過ぎただけ。窓辺がステキ)
Img_c73536a087b2f2ddc1a43fdf293a82c4
Img_7f9604f0b630ac602ad2632fe518b01c
このくらいの年齢になると、いざ友人と集まろう!と思っても、それぞれの事情ですぐには集合できない。
一番身体も変わってゆくらしく、体調気分のアップダウンもあるし、
親たちにもいつ何があってもおかしくない頃に差しかかっているし、色々心配事も増えて落ち着かない。
でもそれは誰にも同じようにやって来る時期だから、せめて何も起こってない時間はやりたい事と、やるべき事を元気にやろうとは思っている。 
      
ふとそんな事を思ったのは、たまには会社時代の友人達と集おうとしたけど、結局言い出しっぺ2人だけのゴハンとなったハワイアンの夜でした。
Img_bcea5a84d45576463945424a3794b504
Img_1cf771e1fd5c72960406d1fc5de0f4dd
秋からどんどん空が変化して、昨日の雨と風のあとに
間違いなく冬が来た。
空気もシャキーンと冷たくなり、この数日は12月半ばの気温だとか。
    
放置していた屋上ガーデニングも、ちょっとお願いしていろいろ植え替え、なんだかイイ感じに。
Img_2b92389d1cc8b4bd896c4ab10b76926a
Img_5bae3d71424d97c863f1b1ae4fc6970a
Img_8b71e42f68ce09f324232a824aff708b
ご飯やおやつを食べていると、ちょっとでも視線に気づいてもらおうと、ソファに乗ってじーーっと見てる。
「どうしたの?」と、(欲しいのはわかっているけど)聞いてみると、首をかしげてかわいい。
    
コラージュはどこに何を置くかで、表情を変えていく。
いい!と思う瞬間は何度もあるものの、スゴクいい!になるには時間がかかる。
それを時間をかけて探すのが作る作業のようなもの。
    
途中になっていたフジ子・ヘミングの本。
写真が多いのだけど、我が心のパリ〜というタイトルに惹かれて。
モンマルトルに行ってみたくなる。
昔ドラマにもなっていたけど、パンも買えないような苦労時代があったフジ子・ヘミングさんの暮らしぶりは、裕福になった今も、慎ましく強くて優しいんだな〜と思える。
最後の方に写真の下に小さく、
「幸せというのは、多くを持つことによってえられるのものではない。
 今持っているもので、得られるものよ。」
と書いてあったのが心に残った。
Img_099edb86e05ece3e1043c5bd09b58886
Img_4159533c67f6264982a27f1ea42b0cad
Img_972cfcfb656991bbb1fedd670f60e8ef
年々、イベントの日から遡って長い期間その雰囲気を楽しむようになってきた。
10月はあたまからハロウィン一色だし、それが終われば11月からもうアチコチでクリスマスのディスプレイ。
先日行ったレ・クリスタリーヌでもツリーが飾ってありステキ。
食べたい物を選んだだけなのに、なぜかクリスマスカラーなチョイスになっていた。
    
Img_02217af160c2c54c0512c44c07278c0d
Img_4d035f10e481e753537092b3ba7d8b49
Img_aca6b5ac6df9b98d1cd9765df65dec26
普段は近くにさえ居れば、素知らぬ顔をしているパセが、ひょっこり膝に乗ってきたりするとキュンとする。
散歩中、水が流れてるよ。と私を見たり、いつも通る花壇が変わっていたりすると、植え替えしたよね?みたいに首をかしげたり、アフレコしたくなるくらい言葉を交わす。(勝手な解釈かもしれないけど)
だから、喋れるこっちとしては「そうだね、お花変わったね」と声に出して言うんだけど、近く通る人にとってはひとりで喋っている変な人かも^^;
Img_ed152422450890507c13d5109dd9c6f6
重い雲に覆われた空の向こうから、鮮やかな夕焼けが見えて来たとき、
ドンチョウが上がったステージのようだった。