Img_d6a7d395c484acee09daaa4315428ea5
 Nostalgia

街の中に、突如古めかしい画材屋
ウィンドウの主役はひときわ色白の石膏像
道具だらけの隙間から
うつ向いたままの上目遣いで店主が微笑んだ
あれは「いらっしゃい」だったのか?
   
扉を開けていたら、何かが変わっただろうか

           〜果てしなさより〜




ついつい見てしまうネットの世界。
こちらが読むのをやめなければいくらでも情報が入ってきます。
色々な事を教えてくれるアドバイザー的な人も溢れているし、習い事の先生もたくさん。
SNSでは何かを教えてくれる人々がこんなにもいるのかと思う事もあります。

もちろん私も好きな事を習ったり身体を動かしに行ったりと、好きな場所へは通いますし、時には自分も発信側になり、展示会やワークショップのお知らせもしています。

とにかく様々な情報で溢れる中、何がしたいのか、どこへ向かいたいのか、受けとってばかりでなく、能動的に頭を使わないといけないと思うこの頃です。
Img_849c6ac31acccc403df8fa7d1dfdf898
Img_789c25768608afda9bd3fd8c84e01043
Img_3c173c73492e69cd54cfc3d1b9598174
Img_dba9daa470888f067bdaa53f6efc0677
今年は梅雨冷えなど感じなかったくらい早くから暑く、今もどんどん暑さ更新しています。
本当にこの先の温暖化が怖いです。
何年か前のニュースで、ベイエリアと呼ばれる湾岸沿いに高層ビルがどんどん並ぶので、内陸部への風通しが悪くなり気温が上がるような事を耳にしましたが、その後もガンガン建築は続いている気がしますが、大丈夫なのだろうか?

時々行く高原と呼ばれる地域も、夏は普通に暑くなっているようです。ただ朝夕の涼しさはまだまだ違いがあるようで、そこだけはホッとしますが。

レストランで働く人も、パセリも(笑)、みんな色々工夫して涼しくしていますね。
たまには冷たく美味しいデザートも。
工夫は大事ですね!
Img_2417cd280bac5bf60cc7dbc5653df83e
Img_b0d3ea4fb009e294f5078c52a6bc9947
明後日から、渋谷からも表参道からもほど近い、天然酵母のパンやさん「パン・オ・スリール」にて、
皆の画と書いた、皆画展(かいがてん)が始まります。
キットパスという(クレパスのような)画材を使って、イラストレーター、絵本作家、クリエイター、様々な人が20cm角のキャンバスを1枚ずつ出展するもので、100人の作品が一堂にパン屋ギャラリーに展示されます。

想像するに、壁一面に色々なテイストの絵がずらずら〜っと並び、一つ一つ見ていくのは本当に楽しそう!
私もこれまでのコラージュのワークショップで分かっているように、同じ材料を複数の方に渡しても、全く違う表現がどんどん生まれる!
それほど人の持つ個性と想像力とは無限で、素敵なものなのです。
それを証明するような展示会になるのでは?とワクワクしています。
私のは黒いキャンバスを使った「夜空」です。

お時間ありましたら是非お運びください。
そしてここには、何と言っても美味し〜いパンがあるのですから!
Img_613397cd567b13b771b69746b6dc67b3
Img_7affd8c27ab2a7a416dfdbdfd8d38dcd
店内のカフェでは単品を買ってドリンクと合わせて食べるもよし、ランチセットもすっごく美味しいです。
お野菜豊富で、季節のスープに、メインの週替わりサンドイッチ。最後に小さなアイスが付きます。
味わって見てください!
Img_c8363b6b379a36e649f312a9ce1d01cb
道路側のカウンター席だけ、バッグに入っていられるワンコはOKで、パセはよくお邪魔しています。
カウンター下のバッグの中からアピールするパセの様子で、どんなにいい香りか伝わりますか〜^^。
もらえなかった時のうなだれもハンパありません。笑
Img_d8a903efe81c375cff805899dba84bb3
Journey of memory    (上作品)

淡い想いは浮かんで飛んで
いつかふたたび見つめあう
約束はなく導かれるままに

      〜手紙より〜


ずっと生まれた街に居る人、どんどん移動していく人、また戻ってくる人、色々います。
私はどこまで行くんだろうと思ったこともあったり、友人知人もどんどん移り変わって行くのかな?と思うこともあり、でも時間も人も流れているから、それでもいいと思ったり。
何が正解かわからないようなことをふと考えたりします。

でも会うべき人には疎遠になってもまた楽しい時間が持てているし、
いつも流れているようで、心が帰るところは定まっているのかも知れないな、と思ったり。

距離をハードルと思わず、ふわりと軽く動けたらいいのだけど。
Img_38acd6d2f499dd1c3d35bb91419faad1
珈琲好きでカフェ好きです。
こんな所あるから行ってみる?と誘ってくれる友達、本当にアリガトウです。
数日でも日常と違う家と親の様子にッフー、とため息が出ることもあり、気分転換させてくれるのはいつも友達。
これまでも夜ご飯を予約してくれたちょっと洒落た居酒屋も嬉しいし、駅前のパスタ屋も、最近はお昼会うことが多いので、すてきなカフェ、すごく和みます。
今回もう次のカフェ候補を決めて来ました^^。
好みな感じでこれまた楽しみ!
若者たちよ、どこかで修行したらUターンして、田舎にもっともっとおしゃれカフェを作ってください。笑
  
時間が空くと古いアルバムを見てしまいます。
この松の木の手触り、覚えてるな〜。
ザ!田舎の小学生な私のお気に入りは、胸当てショートパンツに黄色いニコちゃんバッチでした。
Img_3a64e7407e1fadca5c36bf7a57984c62
Img_87cd76edba8f5c09abf1b995e4f4984b
善通寺の川沿いのカフェ ランプ。
撮影のセット?と思うくらい可愛く、おしゃれで、暖かく、ゆっくりできました。
そこで地元ミュージシャンのCDをジャケ買いして、東京に戻って聞いています。
浦島太郎伝説がある今の実家の町ですが、その突き出た荘内半島を舞台に「龍宮、暁のきみ」という映画の主題歌にもなったそうで、tonari session's というグループの「海街アーカイブ」。
ゆる〜く切なく、キラキラした音が心地よく、海街という言葉がぴったりです。