Img_a54c688f807e3ad00fdb176c4f02f1f9
パセリちゃん、春になり食欲旺盛です。
ご飯の後も遊ぼ遊ぼとおもちゃを持ってくるし、なんだか楽しそう^^。
追っかけテーの要求にはだんだんついて行けなくなる私ですが・・・
春先は何かウズウズしてしまうのでしょうか、笑。

Img_cafcb0f366beddca7c0b562ad313612a
Img_fc30faa0861ab8f3d8f860ed654a6a23
Img_022c42f439e02f13ea616a868326ed6d
Img_ef0c728c90085a4e1b23effab4f6e625
Img_f60aef05830c9982ed23637a935fe9c6
Img_13921275eb1a8bc84a8c0d0df37afc72
お山で時々散歩する温泉神社(ゆぜんじんじゃ)。
程よい石段で、左右に色々と石碑、名所、ご神木があり、なかなか綺麗で好きな場所です。
春先の新緑と、顔を出し始めた花々が綺麗でした。

ところで、那須でよく耳にする那須与一(なすのよいち)って誰?とネットでさくっと読んでみると、
平安末期、平氏の独裁に諸国の反平氏勢力が挙兵し、(1180~)全国で内乱状態が続いた源平合戦の最期の時期1185年に、西海に逃れて来た平氏が拠点にしていた讃岐で「屋島の合戦」があり、その時平家が舟に掲げた扇の的を見事に一矢で射落とした、と言うことで有名な源氏方の武士が那須与一だそうです。
その後壇ノ浦の戦いで平氏は滅んでしまうのだけど、(ざっくりなまとめですみません。詳しくは平家物語などを)
こんな功績を残して那須の英雄となっていたことをはじめて知り、私も子供時代から何度も行って瓦投げや、水族館でアシカショーや、遠足なんかをしていた屋島、約830年前に那須与一さんは大活躍したんだ。
と妙な感動?と言うのか、ヘ〜エ!なお話でした。

Img_897255966e2e860a4f41408ada386707
今、せっせとアシェルカのワンダーランドに向けて、小物作品を作っています。
コラージュをあしらった、香りの物に初挑戦^^。

5/19~21
茅場町の古道具店、MAREBITOさんです。
楽しくおしゃれな他にはないものが集まります。
ぜひ覗きにきてください!
  
 (Click!) 
(オープン時間が毎日変わりますのでご注意ください。)
Img_613e96df07e356f80f9176db4d85fb83
Img_6975cc20aa60d4babe854ca5115792d5
昨年あたりから、瀬戸内の絶景スポットとしていくつかのサイトで見るようになった紫雲出山(しうでやま)。
親の様子が気がかりで帰省したとは言え、その山は家から車で10分となればやはり行くのでした^^。
昔登ったはずなのに、そんなに絶景だった?と思いながら・・・
何年も経ち、改めて眺めた景色は本当に美しかったです。
子供の頃と見てる視線が違うのでしょうね。

Img_8e9d2b719ce57952d87e1a1d2300b4e5
Img_c75b923f54c214263795fc8559386e54
他にも行きたいところを友達にリクエストし、たまに故郷に行くと変に好奇心が出てジッとしていられないのです。
そして同級生と話して、老いが進んだ親に少しショックを受けていた私だけど、私のウチもこうでね、ああでねと、同じ思いに助けられました。

両親は緊急なことがあった訳ではないけれど、前回父がハーモニカを吹かなくなったのがやけに気になっていたら、やはり色々と頭が回らないことが増え、母はしっかりしてるものの耳が極端に遠くなっていていました。
父には一つのことを説明するのにすごく時間がかかり、母には私のボリュームとしては最大!な声でずっと喋っていなくてはならず、帰る頃には喉が痛い痛い> <;
普段から声を出す練習しとかないと、帰省の度に喉痛めるなぁー。笑

離れていても気持ちの中ではずっとどこかで頼っていた親が、あぁもうこっちが頼らせてあげないと、と自覚したのでした。


Img_668e0f72572dc40bb4dff7f3b36ba622
Img_72a6a6651a98578f0b79e71762bdf819
Img_11114b5ab471c092d838bda3d4504a25
ライラックの香りが本当に良くて、ビワもたくさん実をつけていました。
花が咲いて、庭がキレイとまではいかなくてもそれなりに整理されているのは、母の動けている目印でもありホッとします。
1年中庭にあるお花だけで玄関とお仏壇の花が間に合うのは、いい暮らしだなぁと思うのでした。

そして今父の一番の悩みは、もうすぐ免許を返すスーパーカブのこと。
何十年も乗った愛着あるカブをホースで洗い、どうしたもんかなぁー?
ずっと考え中なのでした。苦笑。

Img_87aeaf8ca4a2caf774d2f7b6babb415a
気になる展覧会、行きたい所、映画、食べに行きたいお店・・・
気になることを全部やり尽くすなんてとても時間が足りません。
でも、旅には行けてないけど、犬とはいっぱい幸せな時間を過ごしているし、
映画にはあまり行ってないけど、美術館にはまあまあ行ってる。
思いつくこと全部をやれてる人などいないだろうけど、その中でもこれだけは!と動いてることが結局自分の好きなことで、落ち着くことなんだろうなぁ・・・


Img_4d10aca34ebe4a251da1d4be44973673
Img_1389b2eec11f87868283f1fb2172ca2a
ふと、昔のことを思い出しました。
まだパセリを迎える前、好きで何度か小樽へ行っていました。
たまたま行った「宝寿司」さん、その日がお店を閉める日だと聞いて驚き、カウンターで大将と女将さんのお話を聞きながら食べました。

確か70前後のご夫婦でたくさんの人に食べてもらえてありがたくて思い残すことは無いし、これからが楽しみだと言い、何を楽しみにされてるかお聞きしたら、何十年も寿司職人一筋の大将はまだ本土に行ったことがないから東京に行きたいと。
上野、浅草、銀座にも行きたいな〜ととても嬉しそう。

奥様もやはり旅などしたことがないのだけど、暇を見つけてはSF小説を読むのが好きだったらしく、私はもう東京へは身体がきついから、思いっきり好きな本を読んで過ごしたいのと。本の中でどこへでも旅ができるのよ。とおっしゃったのが印象的でした。
東京へ行くことも、本を読むことも、今はたいそうな事ではないと思うけれど、
長い長い一仕事を終えて、お二人はこんな夢にキラキラしていました。

桜が満開になると本格的な春。
花の色も様々になるいい季節です。

Img_f6b66bdafaa36a277b91fd4bcc77228f
かしこまったパセリちゃん。
時々ちゃんとして撮りたくなります。