Img_8ab619d5bfc82d33952a548b2b49d62d
次回9月のワークショップでは、サイコロ状の木を白やミントグリーンに塗ったものを2個並べ、二つの関係を意識しながらコラージュをしようと思う。
絵を繋いでみたり、繋がなくてもいい関係ができていたり。
くだもの、どうぶつ、帽子など単体の絵が一つずつ入っていても可愛いと思う。
また、水玉模様やストライプ、模様ばっかりでも面白いかも。
こんな小さな物でも、日々「コロッ」と一面回してみるだけで物語を感じる。
想像は広がります。
    
詳しくは上部{Workshop}からお入り下さい。
Img_ed6a9d4aa53d0f862bec7655c14d5afd
昨年末に体調を崩した義父が春までお世話になった病院に久しぶりに来た。
    
浴風会病院の歴史を読むと、大正14年関東大震災の被災老人の援護を目的として内務省が設立したらしく、建物も時代を感じる雰囲気のあるもの。
88年を経て、新たに病棟と介護老人施設を備えた大きな建物ができ、秋には開設するらしい。
新旧並べて撮ってみて、約90年とは長いような、短いような不思議な気持ちになる。
    
この病院勤務を経て、小さな介護施設を開いた方に今父はお世話になっている。
入院した頃は足も弱り車椅子でトイレの介助も必要だったが、ケアの行き届いた普通の生活をさせてもらい、ご飯も美味しく、新聞や雑誌を読み、会話をして、そういう事が影響し、今は歩行もしっかりと身体はとても調子が良いらしい。
軽い認知症があるため脳の画像をチェックしているが、そこにもよくなっているのは現れていて、病院でのリハビリから今の施設へ移り家族的な生活へと、取って来た方法は良かったと先生に言われ少しだけホッとした。   
          
栄養を摂る事の大切さ、人と関わる(会話する)事の大切さをつくづく実感した出来ごと。
それはイコール、誰も一人ぼっちでは生きていくのが難しいと言うこと。
家族や知り合いが関わり、趣味や仕事に関わり、馴染みの店があるのもいいと思う、色んな事で人とつながることが大事だなぁ〜と。
(関わりが多過ぎてのんびりできない程ではダメだけどね・・・苦笑)