Img_fa9f830032b33a5510dc605b27e5930d
先の日記でお知らせしました5/23のコラージュ ワークショップは定員となりましたので
締め切らせていただきます。ありがとうございました。

次に私のコラージュにお逢いいただけるのは、6/1-3のオリジナルハンドメイド作家たちのポップアップストア「アトリエ アシェルカの手シゴト展」にてカードなど販売させていただきます。
是非遊びに来てください。
<アトリエ アシェルカ 特設サイト>
 (Click!) 
10周年という節目で、代々木上原の素敵な会場でお待ちしています!




Img_5d474924a6901c80a90171f0480dcbb0
Img_538a12c6b0cdedd01587eebd5ed74b16
Img_07d013c75bb1c3a29cd18b18c64771be
また、明後日5/1からは、以前お仕事もさせていただいていましたパン オ スリールにて、
美大時代の同じビジュアルデザイン専攻だった友人が、個展をすることとなりました。
英国ウェールズ在住の、切り絵作家/イラストレーターのヴィルト マリさんです。
1ヶ月滞在することは難しいので、搬入をお手伝いさせてもらい後半の方で彼女も在廊します。

Img_13297b45ed765f7eab5c448b27ee503e
Img_d9ed512a5509b0426795e8d5024b96fc
素敵な作品の数々を観ていると、彼女の生活している周りにはどんなに豊かな自然があるのだろう?と、想像を掻き立てられます。
アイデアソースとなっているであろう撮りためた写真も展示いたします。

Img_3770677d19611e34821f40b17977bd32
Img_3f3f570504a60ee59d9e6e6a9d47875d
Img_d600a4f1558b311ff44a36627338323b
素敵なグリーティングカードや、ティータオルなどのグッズも販売します。
写真中央の動物シリーズは、最新作品をカードにしたもので可愛くてたまりません^^。

5月のパン屋さんは、ウェールズの風を感じながらお楽しみ下さい!
<パン オ スリールのギャラリー情報>
 (Click!) 
Img_e196f186e71562a2a904e2dc167df5ff
Img_016278b63904f8468e02d791ad2e6cfd
Img_56cd2890401feeef5fcbaa002a43d9f1
久しぶりの日記は、ワークショップのお知らせです!
もう初夏の頃となりますが、ご興味ありましたらお問い合わせください。

私がいつもお世話になる、渋谷、表参道からも程近い、天然酵母のパン屋さん「パン・オ・スリール」にて、5/1~5/26まで、イギリスのウェールズ在住の友人ヴィルト マリさんが個展を開きます。
彼女の暮らしの周りには様々な自然があり、それを繊細な切り絵で表現した作品はとても素敵です。

彼女の揃えてくれた(イギリスから贈ってくれた)自然素材やマーケットで見つけた古本など、それに私の素材を合わせてコラージュを試み、奥行きのあるアートフレームに作品を作ります。
  
サンプル上↑は、木の枝や木の実が自然と溶け込んだ景色のようであり、下↓のは猫が主役でちょっとドラマチックな物語のようにできました^^。

素材を並べていくうちに、何かストーリーが見えてくることと思います。
ぜひ皆さん楽しんでください。

コラージュの時間終了後は、30分程度お茶と美味しいパンで、マリさんのウェールズの自然についてお話し会も予定していますよ!

  

Img_55d635ad0bd8efdb569329d3b8525fed
Img_40f0d8069e13a5519a9036d27823baa7
Img_c793f802a026be8253dbb0eb242a3f7b
5/23(水)17:00~20:00
パン・オ・スリールにて  (渋谷8分/表参道12分程)
参加費:4500円 (アートフレーム代込み、おやつのパン付き)

後日、詳細をパン屋さんのサイトにも紹介していただきます。
すでに参加したいという方は上の Contactから、またはSNSなど連絡の取れる方はお申し込み下さい。
どうぞよろしくお願いします。

(*定員になりましたら締め切らせていただきますのでご了承ください。)
 
Img_17316c2c8ee17ec64bbc2274b8d45ea2
Img_e68f1ef9338c25bd04f52aca2b014a8b
今年も実家通いが続いている。
ANAの機内誌は好きで、読んでいるうちに着いてしまう。
ご自由にどうぞの本なので読み物が好きな母に持って帰ってあげたいけど、くたくたになったポケットのものはどうもいただく気がしなかった。

でもある時、高松出発カウンター横に、きれいなバックナンバーがどうぞ!と置かれていることに気づき、それからは母へのお土産になっている。
Jちゃん、またあの本、あったらネ!と楽しみにしている。

今月の「稀書探訪」のページでは、3/21から「フランス絵本の世界」展が東京都庭園美術館で始まることがわかった。


Img_853758bb63891ffcfdf6de9fff73dcea
Img_4524abdd0db669c9a39eb8acdce63762
Img_a3a942f28989cd32651dc81dfbdeff52
お昼を食べようと迎えに来てくれた友達が、「ちょっとコレ、お母さんに預けて出発しよー」と両手に下げて来てくれたのは、朝彼女の実家から引いて来たばかりの新鮮な大根とほうれん草。そしてイチゴのお土産。
うちはスーパーでしか買えないから、みずみずしい野菜に母は大喜び!
その夜早速お料理に変わっていた。

今回の生まれた時からあるシリーズはハカリ。
素材といい、色といい、ロゴといい、なんとも言えない。
計り関係といえばオムロンやタニタ、「K」っていったい?KAMACHOとかいてある。
カマチョーは高松牟礼にある昭和22年設立の鎌長製衡株式会社の製品だった。

くまさんの物入れに入った竹とんぼは昔父が作ったものかなぁー。

Img_e0306611e69ab242842388c901c4ef29
Img_dd5d5b7bba0146740480ff1fbef61392
Img_4a436ddcc334627d3a591125a0a1b0c8
古いアルバムの母と友達。
フレンチスリーブとスカート丈はみんな似ているけど、それぞれコーディネイトをとても楽しんでいるように見える。
ちなみに母は左から2番目。シュッとした母の顔に似たかったのに、丸い鼻の父に似て嫌だとよく言っていたけど、この写真は楽しそうでかわいいなと思った。

私は小さい時から小6までいつも片側でピヨ〜んとゴムで結んでいた。
それで生え際が薄いのかな、苦笑。

父は毎日とても単純なことで苦悩している。
ジャンパーのスナップにファスナーをグイッとはめようとしているけどそれは無理〜。
30分くらい無心でグイグイ、グイグイ・・・疲れて諦め、はー諦めてくれたと思ったら、
このジャンパーはもう着れん!捨てる!とハサミで切ろうとしてる、ぎゃーまだ着られるからー!
と、こんな日々。

Img_1f1141c11ce34263f49536afd494b356
Img_2ee21695570597834ad0325cad44ea5d
Img_28c44f21e7bbee96b0ddbf9e200b54fd
隣町の海岸沿いで、インスタ映え人気の「父母が浜」という所があり、こんな風に撮れますというプリントもカフェなどの置いてある。
お天気のいい日、干潮時、夕日が落ちるまでの30分のマジックアワー、これらが揃うと面白い写真が撮れるそう。
しかしこの日は雨上がりの薄日、しかも3時ころ、まったく条件満たしてないけど、ジャンプしてみた。
なんだかんだ、転んで砂だらけになり、貝殻拾ったり、笑いっぱなしの海だった。